コンテンツへスキップ

Swift プログラミング言語の弱点

利点と同様に、Swiftプログラミング言語には顕著なデメリットもあります。AI Powerと一緒にそれらを探ってみましょう。

  1. Swiftは「若い」プログラミング言語
  • 2014年に導入され、Objective C(1980年に導入)と比較して、Swiftははるかに若いです。その結果、Swiftのサポートコミュニティはそれほど広範ではなく、成熟するのに時間がかかります。
  1. 人材プールが限られています
  • Swiftコミュニティは急速に成長しています
  • でも、他のオープンソース言語と比較して依然としてかなり小さく、StackOverflowの最新の調査によると、83,053人のうちわずか5.1%がSwiftを使用していると報告されています。
  • これは、次のプロジェクトをSwiftで作成することを決定した場合、それに十分な経験を持つプログラマーを見つけるのが難しいかもしれないことを意味します。
  1. サードパーティのツールやIDEとの相互運用性の低さ
  • 頻繁な更新や変更のため、特定のタスクに適したツールを見つけるのが難しいです。
  • Appleの公式IDEであるXcodeは、Swiftのツールやサポートが不十分です。開発者は、構文のハイライト、オートコンプリート、リファクタリングツール、およびコンパイラに関する問題をよく報告しています。
  1. ゴミアプリへの懸念
  • Swiftは多くの強力なフレームワークを統合しているため、新人プログラマーによる主に「ゴミ」アプリの開発が増える可能性があります。ただし、これはAppleにとって管理が難しいことではありません。
  1. 古いiOSバージョンへのサポート不足
  • SwiftはiOS 7以降で動作するアプリケーションに適しているため、古いiOSバージョンに対するサポートが不足しています。

——————————-

出典: 管理者編纂

タグ: