コンテンツへスキップ

電子署名の法的遵守

契約書や文書の電子署名に疑念がある場合、署名は裁判所で考慮される前にいくつかのチェックを経なければなりません。これらの条件は法的規制によって異なり、一部の場合、文書には署名がないことさえあります(テレックス、ファックスなど)。

アメリカ合衆国では、電子署名の必要な手順は次のとおりです:

  • 電子署名の法的性質に関する要求者への情報提供;ハードウェアおよびソフトウェアの要件;署名オプションとコスト(あれば);
  • ビジネスリスクと要件を特定するための当事者の認証;
  • レビューのための全文書の提示(当事者はデータを入力する必要がある場合があります);
  • 文書に対する自発的な署名の当事者への確認の依頼;
  • 署名後に文書が変更されていないことを確認する;
  • 保存のために当事者に元の法的文書を提供する。

考慮すべき重要な問題は偽造(署名の偽造と受け入れの偽造)です。裁判所は、偽造が不可能と仮定しなければなりません。ただし、電子署名においては、偽造はあまり難しくありません。

通常、企業は電子署名を確認するために他の手段に頼ることがあります。例えば、取引前に署名者に直接連絡を取ったり、伝統的な関係に頼ったり、電子的に形成された文書だけに完全に依存しないようにします。

これらはどの環境でも適用されるべきビジネスの慣行です。なぜなら、偽造は伝統的なビジネス環境でも一般的な問題であり、電子的および伝統的な署名の両方が偽造を完全に防ぐことはできないからです。

上記の電子署名の例はデジタル署名ではなく、作成者の識別およびデータの整合性チェックにおいて暗号セキュリティが不足しているためです。これらの署名は特定のケースで法的効力を持つものです。

————————-

出典: 管理者編纂

タグ: