コンテンツへスキップ

デジタル署名の欠点

優れた利点がある一方で、デジタル署名にはいくつかの注意すべき制約がまだ存在しています。AI Powerと共にこれらを探ってみましょう。

  1. エラーや偽造が発生した場合の検証プロセスの複雑性
  • デジタル署名に問題が発生し、正確なユーザーの検証が妨げられると、その署名を再確認するプロセスは困難で時間がかかります。これは高度な認証方法において避けるのが難しい制約でもあります。
  • ただし、この状況を克服し制限するための効果的な手段は、ユーザーのリスクを最小限に抑えるためにデジタル署名のセキュリティを向上させることです。
  1. オンライン納税申告でのデジタル署名の利用の難しさ
  • デジタル署名をオンライン納税申告プロセスに統合する際、さまざまなエラーが発生する可能性があります。例えば、Javaのインストールの問題、Internet Explorerブラウザの非互換性、未登録の税務申告プロファイル、構造上のエラー、無効な申告ファイル名などがあります。
  • さらに、オンライン納税申告ソフトウェアは報告期限後に調整されたデータを更新することができず、情報技術のインフラは十分な品質を保証していません。
  1. 内容の変更を特定できない
  • デジタル署名は文書が署名された後に編集されたかどうかを確認することを可能にしますが、具体的な内容の変更に関する具体的な情報は提供しません。受信者は文書が編集されたことしか知らず、具体的な変更がどの位置で行われたかは分かりません。

————————-

出典: 管理者編纂

タグ: