コンテンツへスキップ

デジタル署名の署名と検証のプロセス(パート2)

署名者が契約書の内容をハッシュ値の文字列に変換した後、そのハッシュに署名者の秘密鍵を使用して署名し、デジタル署名暗号ハッシュAを作成します。

デジタル署名情報の検証プロセスは次のとおりです。

1. 受信者は契約書文書を受け取り、主要な内容とデジタル署名「暗号ハッシュA」を含みます。この時点で受信者は契約書文書の内容とデジタル署名を分離し、独立して処理します。

2. 契約書文書の内容では、受信者は署名者と同様のタスクを実行します。ハッシュアルゴリズムプログラム(MD5またはSHA)を使用して、署名者と同様にワードドキュメントをハッシュ化します。これにより、固定長のユニークな文字列が得られます。

これを文字列H2と呼び、受信者のハッシュ文字列を表します:(ソフトウェア)-> ハッシュ + ワードファイル -> 文字列H2。 

3. 受信者は契約書に添付された「暗号ハッシュA」を解読するために、署名者の公開鍵(署名者の公開鍵)を使用し、「文字列H」を生成します:暗号ハッシュA + 署名者の公開鍵 -> 文字列H。

4. 文字列Hと文字列H2の情報を照合します。一致する場合、内容は正確であり、内容に変更はありません。文書を作成した人物の正確性が確認され、デジタル署名情報の検証プロセスが完了します。

—————————–

出典: 管理者編纂

タグ: