コンテンツへスキップ

デジタル署名の署名と検証のプロセス(パート1)

AI Powerとともにデジタル署名のプロセスについて学んでみましょう。

署名プロセス:

さて、署名プロセスは次のように展開されます:

  1. Word文書契約があります .word (data)。
  1.  ハッシュアルゴリズムプログラム(MD5またはSHA)を使用してWord文書をハッシュ化し、固定長のユニークな文字列が得られます。

これを文字列Hと呼びます:(ソフトウェア) -> ハッシュ + Wordファイル -> 文字列H。

デジタル署名の検証プロセスにおいて、ハッシングアルゴリズムは、検証時に一貫した結果を確保するために、2つの当事者間で合意されなければなりません。 

  1. その後、Word文書からハッシュされた文字列を暗号化するために、あなたの秘密鍵を使用します。これにより、cipher hashと呼ばれる暗号化されたハッシュ文字列が得られます。これを文字列Cと呼びます:
    文字列H + 署名者の秘密鍵 -> 暗号ハッシュA。
  1. この時点で「暗号ハッシュA」は、署名者であるあなたによって作成されたデジタル署名です(暗号ハッシュA = デジタル署名)。ここでのタスクは、この署名をWordファイルのコンテンツの最後に追加して、相手がドキュメントのコンテンツとデジタル署名の両方を受け取ることです。

次の記事では、AI Powerと一緒にデジタル署名の検証プロセスを探求しましょう。

————————-

出典: 管理者編纂

タグ: