コンテンツへスキップ

デジタル署名とは?

デジタルサイン(電子署名)は、メッセージ、ソフトウェア、またはデジタルドキュメントの正当性と完全性を検証するために使用される数学的アルゴリズムです。

デジタルサインは手書きの署名や押印と同等ですが、はるかに高いセキュリティを提供します。これは通常、デジタルコミュニケーションでの偽造やなりすましの問題に対処します。

この技術は、ドキュメント、取引などの起源、身元、ステータスに関する情報を提供するために作成されています。同意を表現し、確認するためにも使用できます。

ほとんどの国々、米国を含む、デジタルサインは法律に認識される従来の手書きの署名と同様の法的拘束力を持っています。

———————————-

出典: 管理者編纂

タグ: