コンテンツへスキップ

なぜ長時間座ることは良くないのですか?

なぜ長時間座ることが良くない

現代のオフィスライフでは、移動するよりも座ることが多いです。しかし、人間の体の構造は動くことに適しています。血液は正常な循環のために動きを必要とします。神経は動くことから恩恵を受けます。

では、体が動くことを前提としているのに、私たちはたくさん座っているとどうなるのでしょうか?

  1. 典型的な座り方である少し曲がった背中と下がった肩により、脊椎に不均等な圧力がかかります。これは、脊椎のディスクの侵食、腱や関節の過負荷につながる可能性があります。
  2. 座っているときに胸郭が狭くなり、呼吸時に肺が膨張するスペースが少なくなります。したがって、肺と血液に酸素が入る量が制限されます。
  3. 座っていることは関節や腱に圧力と圧縮をかけ、血流が四肢に行くのを妨げ、長時間座っていると手足がしびれやすくなります。
  4. 血液中の脂肪を分解する酵素の活動が低下することにより、座っているときに体が脂肪を効果的に燃焼しないことがあります。
  5. 仕事をするために座っているときには脳を使いますが、座っている時間が長いと、運動量が減少し、肺からの酸素量が血液中で減少するため(アラートを保つための2つの重要な要因)、脳の活動が遅くなります。)
  6. 研究によれば、長時間座ることはがん、心臓病、糖尿病、腎臓や肝臓の問題などの疾患と密接に関連しています。。。
  7. 座っている行動は、年間の早期死亡の約9%を引き起こし、500万人に相当します。

したがって、この小さな習慣が私たちの健康に与える影響は、思っている以上に大きいです。
ここでの解決策は非常に簡単です。
姿勢を崩したり、腰を曲げたりする代わりに、背筋を伸ばして肩を開いたまま座るようにします(座っているときに肺が狭まらないため、血液中の酸素がより良くなります)。
そして、アラームを設定して、30分から1時間ごとに立ち上がって少し動くようにしましょう。

出典: Ted-Ed – shorturl.at/hyJPV

最新お知らせ

仕事が多すぎるときは何をすればいいですか?

週の初めに、私たちはいつも山のように長いタスクリストを持っています。 これらのタスクを効果的に処理し、焦っているような気持ちを避けるにはどうすればよいですか? 以下のAI POWERが収集したビデオを…

Read More
毎日1%ずつ習慣を身につけて自己を向上させる方法

私たちはよく、朝早く起きて、料理をし、ギターを弾くことを学んで、本を読んで、外国語を自習して、瞑想するなど、1日の中でやりたいことがたくさんあります。 では、毎日限られた時間内で自分がしたいことをどの…

Read More
効果的に計画する方法は?

1. 日々 2. 週次 3. 月次 4. 四半期 5. 年次 あなたは四半期、月、週、日ごとにうまく生きる必要があります… 小さな成功を積み重ねることで、人生に意味を見出し、はるかに大きなことを達成で…

Read More
タグ: